SEASON

季節の魅力

写真:【受付終了】軽井沢ホテルブレストンコートのクリスマスディナー

記憶に残るふたりの時間

【受付終了】軽井沢ホテルブレストンコートのクリスマスディナー

期間:2021/12/23~25日 申込受付:2021/11/16~30

場所:軽井沢ホテルブレストンコート

クリスマスが待ち遠しい季節になりました。
軽井沢ホテルブレストンコートには、クリスマスの3日間にだけ現れる特別なレストランがあります。このレスランへの来店が、軽井沢ホテルブレストンコートの初めての利用になるお客様もきっといることでしょう。今年はふたりの“初めて”を演出する、記憶に残るクリスマスディナーをご用意しました。ぜひお楽しみください。

キャンドルの灯りにいざなわれてレストランへ

クリスマスディナーが、ふたりの記憶に残る時間になるようにとの想いを込めて、レストランの設えやメニューをそろえました。ディナーまでの期間も楽しんでもらえるよう、自宅にホテルパティシエ特製のギフトを贈ります。

当日は、隣接する軽井沢高原教会のクリスマスツリーやランタンキャンドルの森を眺めながら軽井沢ホテルブレストンコートへ。キャンドルの灯りがいざなうアプローチを抜け、ロマンティックな空間が広がるテラス、そこからレストランへご案内します。

“初めて”の演出はメニューにも

炎をたたえた暖炉と温かいドリンクで、冬の空気で冷えた体をほぐししたらディナーのはじまりです。
信州で馴染みのある食材を、これまでにない調理法でメニューにしました。初めての味わいをお召し上がりください。

冬靄の中、水面に浮かぶ花をイメージした前菜

「信濃雪鱒 花みのも」。シナノユキマスのタルタルに、旬のカニの旨味を合わせました。花びらのようにあしらった紫大根に、フヌイユ(ハーブの一種)とカリフラワーのソースでさっぱりと。

信州の郷土料理サバの味噌汁からインスピレーションを得た魚料理

魚料理は「金目鯛 ブイヤベース」。本場マルセイユのブイヤベースの味に味噌を加えることで、より深みを持たせました。ルイユソースで味の変化も楽しめます。

メインは肉料理「そば香る牛肉のパイ包み焼き 五味子のソース」

そば粉を使ったパイ生地で牛肉を包み、しっとりと焼き上げました。肉の中心にフォアグラ、周りにキノコやドライプルーンのファルスを詰め、味に深みを加えています。ソースには野生の五味子(木の実)を使い、ここでしか味わえないひと皿に仕上げました。

デザートはクリスマスリースに見立てた「柑橘のヴァシュラン」

ヴァシュランは焼いたメレンゲにクリーム、アイス、フルーツを合わせた冷たいデザートです。メレンゲには信州で広く食べられるハシバミを混ぜました。濃厚なショコラにさっぱりとしたハッサク・ユズを合わせて、コースを爽やかに締めくくります。

キラキラ光る、舞い踊る粉雪?ふたりだけのクリスマスプレゼント

クリスマスシーズンにだけ現れるこの特別なレストランでは、メニューの中で、ふたりだけにちょっとしたクリスマスプレゼントを用意しています。

「軽井沢ホテルブレストンコートのクリスマスディナー」
■日程  : 2021年12月23日~25日 17:30~最終受付19:00(12月23日は18:30~)
■メニュー: フランス料理全7品
■料金  : 12,000円/1名(税・サービス料込)※ドリンク別途
■場所  : ゲイブルハウス
■会場定員: 1日6組( 1組2名)※未就学児はご遠慮ください。
■申込期間: 2021年11月16日~30日

お申し込みは終了しました。

※仕入れ状況によりコース内容が一部変更になる場合があります。
※お問い合わせ先: info@blestoncourt.com
タイトルに【クリスマスディナーについて】といれてメールをお送りください。

ページの先頭へ