HOME > RESTAURANT > 村民食堂

村民食堂

昼は定食屋、夜は居酒屋に

小説家 堀辰雄は、その作品の中で軽井沢を「美しい村」と呼びました。村民食堂は、この美しい村を訪れる人々をおいしくもてなすダイニングです。 季節の素材を一工夫した定食や一品料理を味わえます。

昼は定食メニューで、夜はアラカルト料理でお酒と一緒に、いつでもお楽しみいただけます。 温泉街のそばを通りかかったらちょっとのぞいてみてください。

メニューの一例

■お食事
村民定食¥3600、信州サーモンの二色丼(漬け&炙り)¥1590、十色野菜どんぶり¥1590、ソースかつ丼\1800、鶏のから揚げ定食¥1680

■蕎麦
ぶっかけ蕎麦¥1350、ざる蕎麦¥900

■一品料理
レタスのシーザーサラダ¥890、ぱりぱりキャベツ¥400、塩豆腐とトマトの和風カプレーゼ¥890、信州サーモンのお刺身¥1200、季節の野菜天ぷら盛り合わせ¥1100、きのこと野菜のチーズ焼き¥850、豚肉と信州サーモンの粕味噌焼き¥1700

■甘味
クリームチーズのやわらかムース¥580、蒸しプリン¥350
など